高い信頼性を誇る新亜光学工業の物流

>

新亜光学工業の物流管理について

徹底管理された検品と梱包

新亜光学工業の輸送システムのメリットは何より自社の物流で一本化している点にあるでしょう。
このため、積み下ろしや積み替えも高度にシステム化されており、厳格な品質管理に基づきながらも滞りなく行うことができます。
また、検品に関しては専属のスタッフを常駐させることによって各段階でほぼ完璧な選別が可能になり、高い信頼性を確保するのに一役買っています。
梱包に関しましても精密機械の大敵である衝撃や振動への対策を十分に行っており、積み上げる際にもそれらのリスクを回避できるように最大限の配慮ができるという点も自社物流の大きなメリットと言えるでしょう。
更に新亜光学工業の輸送では季節の温度及び湿度変化にも対応しており、各季節で最もリスクの少ない形で輸送することで製品への負荷を最小限に止めているのです。

事故やアクシデントに強く、納期を守る

自社物流の利点は品質管理だけでなく納期の観点から見ても有利に働きます。
特に精密機器は大前提として故障や不具合を引き起こさないように運ばなければならないため、各段階での検品が必要であり、どうしても従来の配送に比べて遅くなりがちです。
しかし、新亜光学工業の場合はドライバーもトラックも自社で賄っている上に、物流部門にも元は製造や販売に携わっていた人間が多く在籍しているため細心の取り扱いと速度を両立した輸送が可能となっています。
車両に関しましても、事故や故障対策としてこまめにメンテナンスや点検を行っており、輸送がストップして納期が遅れるという事態を極力起こさないように努めています。
特に精密機器の輸送においては事故や故障などのアクシデントがそのまま製品に跳ね返ってきますので、車両においても入念に気を払っているという点を見ても、新亜光学工業の物流への力の入れ具合が判るでしょう。


この記事をシェアする

トップへもどる