高い信頼性を誇る新亜光学工業の物流

>

新亜光学工業について

なぜ新亜光学工業の輸送が信頼できるのか?

新亜光学工業は前述したとおり光学装置を製造している会社です。この光学装置は精密部品の塊のようなもので、扱いには細心の注意が必要です。
当然、輸送の際にも一つ扱いを間違えると故障や不具合の危険性があります。
何故なら精密機械は温度や湿度、振動などの様々な外部からの刺激に弱く、部品が一つダメになるだけでも全体の動作に異常をきたしてしまうからです。
新亜光学工業はそんなアクシデントを防ぐため自社独自の輸送システムを構築しており、たとえ精密機械であっても安全に輸送できるように徹底した管理を行っています。
つまり、新亜光学工業の輸送システムが信頼をされる理由は、自社の製品を完璧な状態で運ぶために必要とされる要素を満たした結果、輸送業界全体を見回してみても高い水準に達していたためと言えるでしょう。

精密機器を輸送するための自社システム

精密機械を安全に運ぶために発達した新亜光学工業の輸送システムですが、しかるべき管理ができる理由はハード面、つまり輸送に使うトラックなどのいわゆる「箱」を自社で持っている点も大きいでしょう。
新亜光学工業は基本的に国内の輸送は自社が所有するトラックのみで行っており、それだけ競合他社に比べて自社の物流を信頼しているということです。
海外への輸送に関しては、新亜光学工業は原則的に飛行機による輸送は行っていません。
なぜなら航空便の場合、振動や気圧の変化によるアクシデントの可能性があり、会社の目が届かない所で問題が発生するリスクがあるためです。
では、どうやって輸送しているかと言うと、驚くべきことに自社の船便で行っているのです。
規模としては大手ではないにもかかわらず自社で大型船舶まで持っていることは珍しく、いかに新亜光学工業が精密機械である自社の品質管理に気を払っているかが理解できるでしょう。


この記事をシェアする

トップへもどる